ホーム環境教育 > 学校版(環境)ISO

環境教育

新庄市学校版環境ISO「あじさい環境ISO」

投稿者:新庄市教育委員会 投稿日:3/14/10 (日) 09:00 コメントする

 新庄市内15校全ての小中学校において、「電力使用量の削減」及び「水道水の使用量の削減」に向けて数値目標を掲げ、児童生徒が主体的に取り組んでいる。内容は以下の通りである。

(1)「学校環境方針」の策定と周知

方針を作成→職員室及び各教室等に掲示→保護氏hへ周知

(2)「環境マネジメントプログラム」の策定と周知

児童会・生徒会が中心になり、実施項目を決定→実施項目毎に目標数値及び目標を決定→実施項目毎に実施事項を決定→「環境マネジメントプログラム」にまとめ

(3)実施事項の日常実践(各学級毎)

「目的・目標プログラム実施記録表」に実施事項を記載→日常実践

(4)取り組み状況の記録(各学級毎)

月末に、学級全員の取り組みについて自己評価→「目的・目標プログラム実施記録表」を環境委員会に提出

(5)取り組み状況の評価(児童会・生徒会:環境委員会による)

各学級の「目的・目標プログラム実施記録表」の点検→「目的・目標プログラム実施項目管理表」を整理

さくらんぼ環境ISO事業

投稿者:東根市役所 投稿日:3/14/10 (日) 09:00 コメントする

市内全小・中学校(小8校・中5校)で学校教育の一環として環境保全活動に積極的に取り組んでいます。取り組み項目については共通項目(省エネ・省資源・リサイクル)と学校や地域の特色を生かした独自項目に分かれ、児童・職員が一体となって取り組んでいます。取り組み内容については、PTAが審査委員として評価を与えています。取り組みによって削減できた経費の半分は学校関係予算に配分しています。 活動内容については年1回、「環境週間ひがしね」の中で代表校による発表会(実践交流会)を開催しています。