ホーム > 環境教育(環境学習)

環境教育

環境教育促進事業

投稿者:最上町保健衛生連絡員協議会 投稿日:09.2.25 (水) 15:30 コメントする

子供の頃から、環境問題に対する意識づけを目的に、町内の幼稚園、保育園、小学校の低学年を対象に、ごみ問題、地球温暖化、3R等といった環境をテーマにした、環境紙芝居や寸劇、環境クイズ等の環境教育促進事業を行っている。
今年度で8年目に入り、子供達だけではなく、子供を通して家庭でも、リデュース、リユース、リサイクルの考え方が大きく広まっており、3Rの推進に大きく貢献している。

小中学校省エネチャレンジ還元事業

投稿者庄内町 投稿日:09.2.25 (水) 15:30 コメントする

庄内町の全小中学校では、各学校で、「庄内町小中学校省エネチャレンジ還元事業」に取り組んでいる。この事業は、各学校で省エネ活動に取り組んでもらい、夏(7〜9月)と冬(11月〜1月)の期間の電気の省エネ結果によって、児童会・生徒会に、結果毎に区分された報奨金を支出し、児童会・生徒会活動の一部に充ててもらっている。

自然エネルギーを利用したエコロジカルデザイン講座の開催

投稿者:ソーラーワールド 投稿日:09.2.25 (水) 15:30 コメントする

環境問題はエネルギー問題であると捉えている市民の方たちと、自然エネルギー講座を開催しております。講座内容は地球温暖化問題を入れた環境問題の学習会や、実際に太陽電池パネルや風力発電機などの自然エネルギー機器を使用した体験型の講座を開催しております。開催地は山形県にとどまらず、関東以北を範囲としていて、地域のNGO、NPO、自治体などを対象に致しております。最近では、自分のフィールド(空間)の中にいかにしてエコロジカルデザインを取り入れていけるかに力を入れていて、市民の方たちと一緒に自然エネルギーの普及はもちろん、エコな生活力を身につけることを提唱しております。

遊佐町小中学校フィフティ・フィフティ事業

投稿者:遊佐町小中学校 投稿日:10.11.9 (火) 18:36 コメントする

この事業は、もともとドイツで始まった「フィフティ・フィフティ」と呼ばれるプログラムで、小中学校において、児童・生徒や教職員が協力して省エネ活動を行い、節減できた光熱水費を町の財政に戻すのではなく、半分はその学校に還元するしくみです。
児童生徒自らが電気・水道の省エネ目標を設定し行動することで、学校における環境教育と地球温暖化防止に向けた省エネ活動の一層の推進を図ることを目的としています。
また、子供達の環境学習により、家庭における波及効果も期待されます。
(事業実施期間:平成22年度〜平成24年度 今年度予算:50万円)
 *写真は、遊佐中学校で自転車をこいで発電する実験

木質バイオマス資源活用による炭焼き体験教室

投稿者:甑山探求会 投稿日:10.3.14 (日) 09:00 コメントする

当団体は地域住民や子どもたちに森林、木材など木の文化や自然保護意識、化石燃料に比べてCO2排出量の少ない木材利用の意識を高めてもらうため、植樹、ワラビ採り、キノコの植菌、炭焼き、昔話、自由研究、学習会などの体験型環境学習機会を提供。特に木炭は単に燃料としてではなく、土壌改良、吸湿、防臭、水質浄化など生活に密接に関わる「地球環境に優しい素材」であり、炭焼きは里山における森林整備と資源の循環利用に役立つものとして期待されている。間伐・炭焼き体験などを通じて、木炭と里山林との関わりや木炭の良さについての理解を深め、環境について考える機会を提供する取り組みを行っている。