ホーム > リサイクル(ごみ、3R)

リサイクル(ごみ)

ゴミ分別と減量

投稿者:中瀬源治 投稿日:3/14/10 (日) 09:00 コメントする

美しい地球を子どもたちに残すにはCO2の削減しかありません。私たち県民の一人ひとりが”識を高め、まず自分のできる範囲で行動を起こすことが大切ではないでしょうか。

例)各品種1kg当りCO2(kg) アルミ缶=10.4 ペットボトル=2.0 新聞=4.0 銅線=3.0

住民参加型「空き缶回収処理システム」

投稿者:三川町 投稿日:3/14/10 (日) 09:00 コメントする

 住民、事業氏h並びに行政が協働してごみ減量化及びリサイクルの推進により地球温暖化防止を進めようという取り組みである。
 各町内会に空き缶回収ボックスを設置し、住民が家庭から出る空き缶を投入する。
 町は、リサイクル業氏hとの連絡調整や、「お知らせ版」の作成などを担当する。
 リサイクル業氏hは、ボックスの設置と空き缶回収を行う。
 資源の売却代金は、町内会の雑収入となる。

ごみの減量から温暖化防止へ

投稿者:山普h町役場 投稿日:3/14/10 (日) 09:00 コメントする

山普h町ではごみの減量化と地球温暖化防止を図るため、生ごみの「水切り器」と封筒、はがき、包装紙、メモ用紙等の雑がみを回収する「雑がみ袋」を全戸配布いたしました。
「水切り器」については、家庭の三角コーナーに溜まった生ごみを「水切り器」で押し付け水分をとるもので誰でも手軽にできます。
「雑がみ袋」については、従来からの古紙回収品目である新聞紙、段ボール、雑誌類の他にこれまでもやせるごみとして出されていることが多かったメモ用紙等の「雑がみ」を回収しやすくするために配布したものです。
これらの取り組みは、ごみを減量化することにより焼却時に発生するCO2の削減やごみ収集運搬効率が向上し地球温暖化防止につながるものであります。

環境と福祉がつなぐリサイクルの環 「食品トレーリサイクルシステム 新庄方式」

投稿者:株式会社 ヨコタ東北 投稿日:2/25/09 (水) 15:30 コメントする

市民・スーパー・福祉施設・トレーメーカーが行政支援の下で行う食品トレーリサイクルシステム「新庄方式」。これは市民がスーパーへトレーを持ち寄り、たんぽぽ作業所で収集と選別、友愛園でペレットへの再資源化を行い、ヨコタ東北がトレー製造を行うという、トレーtoトレーリサイクルです。障害氏hの自立を目指すと共に、地域ぐるみで環境保全に取り組んでいるのが特徴です。また回収対象の種類も多く、発泡トレーのほか豆腐や弁当など、ほとんどのトレーが回収可能(PET製品・塩化ビニール除く)なため、ゴミやCO2削減を抑制し、資源の保護にも貢献しています。さらに「新庄方式」は少しずつ形を変え、全国各地で展開しています。

使用済みロウソクの回収、授産施設への提供、キャンドルナイトの協力

投稿者:ボランティア団体 ほのぼのテラピー 投稿日:3/14/10 (日) 09:00 コメントする

寺院やセレモニーホール、結婚式場で使い終わったろうそくを回収し、各地の授産施設へ送っています。それらの施設ではロウソクを溶かして新たな「キャンドル」を作っています(リサイクル)。キャンドルの販売協力等で授産施設の利用氏hのリハビリ、作業”欲の向上に役立っています(障害氏h福祉)。またキャンドルナイト用のキャンドルを制作してもらい、地域の活性化にも貢献しています(地域づくり)。 3つの”味合いを含んだ循環型のボランティアで様々な人の輪を作っています。今まで廃棄していたロウソクを再利用→障害氏hが活用、リハビリ→地域で購入、イベント実行 の流れです。「自分にできることを無理せずに実行」がモットーです。