ホーム > エネルギー(省エネ)

エネルギー(省エネ)

山工ECO活動から広がる「協働」と「人づくり」

投稿者:山形県立山形工業高等学校 投稿日:10.3.14 (日) 09:00 コメントする

(1)行政、地域との連携、協働

廃食油から合成したBDF燃料を活用し、啓発のための様々な活動や、出前講座を実施しています。本年度は、桜のライトアップ、「あじさい祭り」のライトアップや「とっておきの音楽祭inやまがた」におけるエコブース展示などに取り組みました。

(2)郷土を愛し、積極的にECOを楽しむ人材の育成

平成17年からは「山形花笠まつり」、平成18年からは「薬師まつり植木市」の清掃ボランティアを開始しました。毎年有志十数人が、自発的に参加しております。また今年度からは、温暖化防止活動の具体的な行動として、ビニールのゴミ袋を取り止め、学校でデザインを公募し製作したマイバッグを使用して、ECOを楽しむ活動となっています。

市内で出る廃食油をBDFに精製して、市バス(大石田銀山線)を走る、銀山はながさ号(レトロ風ボンネットバス)を走らせています。

投稿者:BDFはながさの会 投稿日:09.2.25 (水) 15:30 コメントする

市内の個人・企業・組織が集まって、食用油を回収しBDFを精製するグループを数年前から開始し、2006年の7月に100%BDFで走る市バスとしてデビュー(国内初)、本年4月には、ボンネットバスで毎日運行中。銀山温泉のみならず、尾花沢の環境&観光PRに大活躍。

エネルギーの地産地消を目指して

投稿者:小国グリーンエナジー合同会社 投稿日:12.5.29 (火) 13:29 コメントする

 小国町は東京23区がすっぽり入る広さがあり、その95%が森林で
ある。隣の飯豊町では、バイオマスタウンとして環境省の認証を受け、
バイオマスエネルギーが積極的に使われている。この飯豊町の中津
川バイオマス工場に、これまで切り捨てられていた小国産のスギ間
伐材を持ち込み、ペレットを作ってもらい、小国町や近隣の町村で
販売している。
 このことは雇用にもつながる。木を切る人、運ぶ人、ペレットを
作る人、販売する人まで、地域での雇用が生まれ、地域で資源もお
金も循環する仕組みとなる。また、地域材をエネルギーに変えていく、
即ち地産地消ができるということは、森林が多い小国町でこそ実現
可能なことであり、山形県ひいては日本も他県や他国と比べて森林
が豊富に存在する。
 最近では、環境に関心がある仲間で、シンポジウムなどの普及啓
発を行うことで、それまでペレットストーブを聞いたことすらなか
った方達にも広がりがみえ、手応えを感じている。地元の小中学校
でも講演を行い、エネルギーの流通の仕組みや小国町のペレットの
でき方を紹介した。
(2011年には、参画している置賜ウッドエナジー組合としてのプロ
ジェクトが、J-VER制度へ登録された。)

出前授業・環境イベント『ゴミは未来の油田』   小型プラスチック油化装置を実演し、ゴミ〜資源になる環境教育活動

投稿者:株式会社シンドー 投稿日:09.2.25 (水) 15:30 コメントする

環境教育への取り組み
私たちは油化装置を使った環境授業を行ない、児童や生徒に地球規模の現状やリサイクルの大切さを伝えます。
『ゴミは未来の油田』のメリット
児童の手によりリサイクルに大切な分別・洗浄ができる
環境教育の一環となり、環境に対する意識が身につく
子供たちの活動が大人に影響し地域全体の取り組みに広がる
大幅なCO2の削減が期待できる(削減率87%)
生成した油は限りある石油の代替燃料として使用できる

笑エネキャンペーンから広がる地域の環境学習

投稿者:高畠町 投稿日:08.3.14 (金) 09:00 コメントする

高畠町では、環境問題に関心をもってもらうきっかけづくりとして、2003年度から、電気の笑(省)エネキャンペーンを実施。過去4回で延べ5500世帯が参加、16万Kwhの電力を削減しました。わずか、7400世帯の町でこれだけ多く参加したのは、

1.住民と行政が実行委員会を作り、話し合いを何度も重ねたこと
2.電気代だけに的を絞ったこと
3.省エネの経済的メリットを強調したこと
4.町独自の環境アドバイザーが地域や学校で、環境学習を行っていること。

があげられます。中学生やPTA、企業が積極的に参加し、また山形県全体でも同様のキャンペーンが実施されるなど、地域全体で環境に対する意識が高まっています。