ホーム > 環境教育(環境学習)

環境教育

エネルギー教育と委員会活動で省エネ活動を進めよう。

投稿者:酒田市立琢成小学校 投稿日:10.3.14 (日) 09:00 コメントする

 琢成小学校では、エネルギー教育を通してエコ活動に取り組んでいます。1〜6年生までどんなことを学習するのかを計画した「エネルギー教育系統表」をもとに総合学習での授業が位置付けられています。昨年の5年生は、CO2濃度による温暖化の実験を行い、CO2濃度が高いと空気が暖まりやすいということがわかりました。
 授業だけでなく、委員会活動でも「エコロジー委員会」を中心としたエコの活動を続けています。牛乳パックやプルタブの回収、省エネチェックカードによる省エネの呼びかけなどを行っています。また、琢成小学校版ISOと称して省エネカレンダーを全員に配り、家庭での省エネ活動も進めています。

環境教育促進事業

投稿者:最上町保健衛生連絡員協議会 投稿日:10.3.14 (日) 09:00 コメントする

子供の頃から、環境問題に対する意識づけを目的に、町内の幼稚園、保育園、小学校の低学年を対象に、ごみ問題、地球温暖化、3R等といった環境をテーマにした、環境紙芝居や寸劇、環境クイズ等の環境教育促進事業を行っている。
今年度で9年目に入り、子供達だけではなく、子供を通して家庭でも、リデュース、リユース、リサイクルの考え方が大きく広まっており、3Rの推進に大きく貢献している。

新庄市学校版環境ISO「あじさい環境ISO」

投稿者:新庄市教育委員会 投稿日:10.3.14 (日) 09:00 コメントする

 新庄市内15校全ての小中学校において、「電力使用量の削減」及び「水道水の使用量の削減」に向けて数値目標を掲げ、児童生徒が主体的に取り組んでいる。内容は以下の通りである。

(1)「学校環境方針」の策定と周知

方針を作成→職員室及び各教室等に掲示→保護者へ周知

(2)「環境マネジメントプログラム」の策定と周知

児童会・生徒会が中心になり、実施項目を決定→実施項目毎に目標数値及び目標を決定→実施項目毎に実施事項を決定→「環境マネジメントプログラム」にまとめ

(3)実施事項の日常実践(各学級毎)

「目的・目標プログラム実施記録表」に実施事項を記載→日常実践

(4)取り組み状況の記録(各学級毎)

月末に、学級全員の取り組みについて自己評価→「目的・目標プログラム実施記録表」を環境委員会に提出

(5)取り組み状況の評価(児童会・生徒会:環境委員会による)

各学級の「目的・目標プログラム実施記録表」の点検→「目的・目標プログラム実施項目管理表」を整理

小中学校省エネチャレンジ事業

投稿者庄内町 投稿日:10.3.14 (日) 09:00 コメントする

庄内町の全小中学校では、各学校で、「庄内町小中学校省エネチャレンジ事業」に取り組んでいる。この事業は、各学校で省エネ活動に取り組んでもらい、夏(7〜9月)と冬(11月〜1月)の期間の電気の省エネ結果によって、児童会・生徒会に、結果毎に区分された報奨金を支出し、児童会・生徒会活動の一部に充ててもらっている。

環境教育促進事業

投稿者:最上町保健衛生連絡員協議会 投稿日:09.2.25 (水) 15:30 コメントする

子供の頃から、環境問題に対する意識づけを目的に、町内の幼稚園、保育園、小学校の低学年を対象に、ごみ問題、地球温暖化、3R等といった環境をテーマにした、環境紙芝居や寸劇、環境クイズ等の環境教育促進事業を行っている。
今年度で8年目に入り、子供達だけではなく、子供を通して家庭でも、リデュース、リユース、リサイクルの考え方が大きく広まっており、3Rの推進に大きく貢献している。