ホーム > 遊佐町小中学校

環境教育

遊佐町小中学校フィフティ・フィフティ事業

投稿者:遊佐町小中学校 投稿日:10.11.9 (火) 18:36 コメントする

この事業は、もともとドイツで始まった「フィフティ・フィフティ」と呼ばれるプログラムで、小中学校において、児童・生徒や教職員が協力して省エネ活動を行い、節減できた光熱水費を町の財政に戻すのではなく、半分はその学校に還元するしくみです。
児童生徒自らが電気・水道の省エネ目標を設定し行動することで、学校における環境教育と地球温暖化防止に向けた省エネ活動の一層の推進を図ることを目的としています。
また、子供達の環境学習により、家庭における波及効果も期待されます。
(事業実施期間:平成22年度〜平成24年度 今年度予算:50万円)
 *写真は、遊佐中学校で自転車をこいで発電する実験

投稿者・団体