ホーム > 社団法人日本自動車販売協会連合会山形県支部

環境と経済(エコビジネス)

「環境マイスター(自動車)」認知度向上における普及促進活動〜地球にやさしいカーライフの提案〜

投稿者:社団法人日本自動車販売協会連合会山形県支部 投稿日:10.3.14 (日) 09:00 コメントする

県・県地球温暖化防止活動推進センター・環境市民・当支部による協働事業「環境マイスター」活動も5年目、今年度からは神奈川・東京が新たに取組むこととなり、当支部においてはこれまでに認定された「環境マイスター」の販売活動に対する評価を基に新たなるステップへと転換の時期を迎えています。
自動車業界も昨今の経済不況からの脱却を目指し、税金優遇措置・国や県からの新車購入補助等経済活動とともに環境保全の推進が求められる現状を受け、身近な新聞媒体を通じ地域に根ざした活動を拡大周知する事で「環境マイスター」として課せられた使命や自覚を促し、より地球にやさしいカーライフの提案を行なえるよう普及活動を支援しています。

普及啓発活動

県内縦断エコドライブオリエンテーリング

投稿者:社団法人日本自動車販売協会連合会山形県支部 投稿日:09.2.25 (水) 15:30 コメントする

指定ルートを自家用車でオリエンテーリング的に往復するイベント。折り返し地点でエコドライブ講習を受講してもらい、往復での燃費の差を実感してもらい、イベント参加以降の省エネ、環境保全への運動の高まりを期待する。
県内4コースとし、新庄→←米沢、山形→←酒田
参加予定台数 330台
コース途中では、他団体主催の「流木教室」や「エコクイズ」等を実施し、エコドライブのみならず、省エネ・環境保全・地球温暖化防止をトータル的に啓蒙、啓発する。

県内縦断エコドライブオリエンテーリング

投稿者:社団法人 日本自動車販売協会連合会山形県支部 投稿日:08.3.14 (金) 09:00 コメントする

社団法人日本自動車販売協会連合会山形県支部では、自動車販売の現場で働いているスタッフに地球温暖化防止とグリーン購入を中心とした研修を実施し、試験を行い環境マイスターとして認定する制度を山形県、県地球温暖化防止活動推進センター、更には京都のNPO法人環境市民との連携により実施している。環境マイスターは、自動車購入者に対して、燃費性能を始め環境性能が良いエコカーを選択するように促すことで、地球温暖化防止や環境保全に貢献している。 今年度、環境マイスターが中心となり、「エコドライブオリエンテーリング」を実施した。参加者は、ガソリン満タンの上、県内4ヶ所の集合場所に集合し、指定のルートをマイカーでオリエンテーリング的に往復し、その際、折り返し地点で「エコドライブ講習」を受講してもらい、往路・復路の燃費の違いを実感してもらった。

投稿者・団体