ホーム > 木質ペレット

エネルギー(省エネ)

エネルギーの地産地消を目指して

投稿者:小国グリーンエナジー合同会社 投稿日:12.5.29 (火) 13:29 コメントする

 小国町は東京23区がすっぽり入る広さがあり、その95%が森林で
ある。隣の飯豊町では、バイオマスタウンとして環境省の認証を受け、
バイオマスエネルギーが積極的に使われている。この飯豊町の中津
川バイオマス工場に、これまで切り捨てられていた小国産のスギ間
伐材を持ち込み、ペレットを作ってもらい、小国町や近隣の町村で
販売している。
 このことは雇用にもつながる。木を切る人、運ぶ人、ペレットを
作る人、販売する人まで、地域での雇用が生まれ、地域で資源もお
金も循環する仕組みとなる。また、地域材をエネルギーに変えていく、
即ち地産地消ができるということは、森林が多い小国町でこそ実現
可能なことであり、山形県ひいては日本も他県や他国と比べて森林
が豊富に存在する。
 最近では、環境に関心がある仲間で、シンポジウムなどの普及啓
発を行うことで、それまでペレットストーブを聞いたことすらなか
った方達にも広がりがみえ、手応えを感じている。地元の小中学校
でも講演を行い、エネルギーの流通の仕組みや小国町のペレットの
でき方を紹介した。
(2011年には、参画している置賜ウッドエナジー組合としてのプロ
ジェクトが、J-VER制度へ登録された。)

地域資源地域活用リサイクル事業

投稿者:株式会社 渡会電気土木 投稿日:10.3.14 (日) 09:00 コメントする

当社では伐採木・間伐材及び支障流木材等の不要厄介物を一貫的に、リサイクルすることにより木質ペレット燃料として地域のエネルギー源に、或いはチップとして果樹及び野菜等の敷き材に、臭いのしない各種プランター用土並びに農業用土壌改良材として有効活用しカーボンニュートラルに寄与しております。
最近では、木質ペレットを燃料とした農業ハウス用ペレットストーブ及び地中温水加温暖房機を開発販売し、従来の化石燃料使用に変わるカーボンニュートラル促進を押し進めております。

キーワード