ホーム > 太陽光発電

エネルギー(省エネ)

住宅用太陽光発電システム設置支援事業

投稿者:村山地域地球温暖化対策協議会 投稿日:09.2.25 (水) 15:30 コメントする

(1)クリーンな新エネルギーである太陽光発電システムの住宅への導入を促進し、村山地域の地球温暖化防止を推進するとともに地域経済の循環等による地域産業の活性化に寄与することを目的に、会員である県、関係市町、関係事業者の三者が補助経費を、関係事業者が宣伝経費を負担し実施する補助事業で、平成17年度から実施している。
(2)補助額は設置されるシステムの太陽電池出力1_当たり6万円、補助上限は4_で、最大補助額は24万円。
(3)20年度の補助予定件数は68件、272_分。
(4)17年度は57件、約205_分、18年度は62件、約228_分、19年度は58件、約202_分補助。

太陽光発電によるCO2削減及び関連した環境教育・普及啓発活動

投稿者:学校法人東北公益文科大学 投稿日:10.3.14 (日) 09:00 コメントする

 東北公益文科大学では、酒田キャンパス屋上に、東北地方では最も容量の大きい定格250kWの太陽光発電システムを導入し、2001年4月の開学から継続的に発電を行っている。季節的な変動はあるものの、毎月数千〜2万kWh、2008年末までに約120万kWhを発電し、二酸化炭素に換算して約750トンの削減を行ってきた。また、施設見学などを通して太陽光発電の有効性などに関連した環境教育、普及啓発活動を行ってきた。NEDOと経済産業省が昨年秋より選定を進めてきた、全国「新エネ百選」に、各地域における新エネルギー導入の好事例として山形県内3件のうちのひとつとして選定された。

酒田市住宅用太陽光発電システム普及事業

投稿者:酒田市役所 投稿日:10.3.14 (日) 09:00 コメントする

 酒田市では、平成21年度より太陽光発電の導入を支援し地球環境の保全に寄与するため、住宅用太陽光発電システムを設置する方に対して、補助金を交付しています。国の住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金の交付を受ける方も対象になります。住宅用太陽光発電システムは、太陽電池を用いて太陽の光エネルギーを電気に変換(発電)するもので、エネルギー源が無尽蔵で、二酸化炭素や硫黄酸化物などの大気汚染物質や騒音も発生しないクリーンな発電システムです。
 補助金の額は、対象システムの太陽電池の公称最大出力1kW当たり2万円、補助上限は4kWで、最大補助額は8万円です。

キーワード